チャットレディーの仕事は本当にすきま時間でできるのか

NO IMAGE

コロナウィルスで外出自粛が促されていることもあり、自宅で副業をしたいと感じる人もいるのではないでしょうか。しかしその一方で、スマホがあっても何ができるのかわからないと感じる人も多いかもしれません。

そんな女性に人気の副業がチャットレディーです。チャットレディーはスマホがあればすきま時間にできる仕事で、近年は女性の間で評判を高めています。しかし、本当にチャットレディーは「すきま時間」で稼げるのでしょうか。

結論からいうと、「空いた時間だけログインする」スタイルではなかなか稼げないのではないでしょうか。チャットレディーは男性とメッセージや電話のやりとりをしてお金を稼ぐ仕事言い換えれば人間を相手とする仕事です。そのため、メッセージを受け取ればできるだけすぐに返信した方が男性からのメッセージの返信率も上がりますし、電話等にも極力対応できた方が男性から電話してもらえる可能性が高まります。

「今は仕事中だから」「今は家事をしなければいけないから」などという都合も確かにありますが、だからといって「空いた時間にログインすればいいや」という考えでは、返信が遅くなってしまってしまい、男性から連絡が来なくなってしまう可能性も考えられます。

確かに、すでに山ほどの固定客がいて、ログインしない間にどんどんメールが来る、などという状態なら、すきま時間に返すだけでもある程度の固定客は確保できるでしょう。しかし、最初から「時間のある時だけログインする」という考えだと、なかなか固定客は確保できないかもしれません。

また、男性が女性にメッセージを送ろうと決意するまでに、例えば足跡やイイネのやりとりが続くこともあります。男性はお金をかけてメッセージを送ってくるので、やりとりができなさそうな女性にはメッセージを送って来ません。それまでにある程度の足跡やイイネのやりとりをして、そこからメッセージを送ろうと決意してくれることもあります。

そのため、すきま時間以外にもできるだけログインして、足跡をつけてくれた男性に足跡をつけに行ったり、いいねをしてくれた男性にいいねをしに行ったり、自分なりに積極的に動いた方がメッセージの受信数を増やすことができるでしょう。だからこそ、「すきま時間」だけでもできる仕事ではありますが、自分ですきま時間を作る努力をすることも大切です。

固定客ができた後ならばお互いのスケジュールなども理解できるようになりますし、無理する必要は無いですが、固定客ができるまでは少し努力をした方が良いでしょう。